やっぱり冷え性にはシルク靴下!

冷え性には、やっぱりシルクの靴下が一番だと思います。薄いのに温かく、肌にしっとりと張り付くようで涼しくて、保湿効果がありながら通気性があります。冬は暖かく、夏は涼しげというのは、嘘のようですが本当なんです。シルク靴下は、寝るときに履いていても違和感がありません。しんしんと忍び寄る冷えも、靴下はきっちり保護してくれています。

冷え取り靴下として、あちこちでシルクとコットンとを交互に履くというセットが通販されていますが、そこまでやる必要はありません。そんなことをすると、靴が履けないという私みたいな間抜けな思いをしてしまいます。

私のお勧めは、シルク靴下を何枚か買っておいて、いつでも装着することです。夜はきっちりクリームを塗った後、シルク靴下だけで過ごします。朝起きたら、その上に普通の靴下を重ね履きして過ごします。そして、お風呂に入ったら、またクリームを塗ってシルク靴下装着です。かさかさ踵も解消できて、一石二鳥まちがいなしです。

シルクは、人の皮膚と同じタンパク質でできていて、数種類のアミノ酸を含んでおり、皮膚の細胞活性化を促し、老化防止効果ありといわれています。シルクの魅力は見た目や肌触りのよさだけなんかじゃないんです。ぜひ一度使ってみてください、びっくりしますよ。