月別アーカイブ: 2016年11月

とっておきの冷え性対策!発酵黒生姜、コエンザイム!

私は子供の頃からずっと冷え性で悩んでいたんですが、40歳を過ぎてから、さらに新陳代謝が衰えてきたのを感じて症状も辛くなってきたので、冷え性に効くと云われる商品をいろいろと試してみることにしました。

まず体の中から温める手段として、(株)ヴァーナルのジンジャーQ10を毎日飲むようにしました。これは成分に発酵黒生姜、コエンザイムQ10,マテ茶末、ビタミンC,ビタミンEなどが含まれています。

発酵黒生姜は、普通の生姜の32倍も発熱するというすごい燃焼系の成分なので、飲むと体がぽかぽかしてくるのです。脂肪を燃焼しながら、体を温めてくれるといった心地よい感触を体感できます。

shoga34

私は冷え性対策をするのなら、余分な脂肪を燃やしながら体を温めたいと願っていたので、このジンジャーQ10は、そんな私の我儘を叶えてくれるもってこいの商品なのです。

他にも普段おうちの中で過ごす時には、「足首ぬくぬくさん」というレッグウォーマーを履いています。これは靴下の上からとか、レギンスやトレンカの上からでも重ね着できます。裏には上質なシルク素材を使っているので、ムレ知らずにほどよく足をしっとりと温めてくれます。

この2点の冷え性対策商品を加えただけで、つま先も冷えずに元気に真冬のさなかを活動的に過ごせるようになりました。冷え性が改善されてくると、自然と冬場でも活動するのでその分ダイエットにもつながっていいですね。

マッサージで血行促進・・・。痩せるかな?

マッサージで冷え性が改善できたという方から寄稿いただきました。血行が良くなれば痩せて冷え性も治るかも…と思って始めてみたそうですよ。

お風呂の中でにボディオイルを使って脚や腕のマッサージをします。結果を先に言ってしまいますが、ほとんど手足が冷えるということがなくなりました。マッサージの方法ですが足、腕の先から内に向かって老廃物を流すような感じで行います。脚先から膝裏に向かって手を滑らせます。

bat0

その時に膝裏を軽く押すようにします。最後に、太ももの付け根までマッサージしていきます。腕も同様に腕先体の中心に向かって優しくマッサージしていきます。あまり力を入れずにすることがコツです。

このマッサージで、脚と腕の血行を良くすることで、老廃物も取り除けて冷え性が改善するみたいです。数分、マッサージを繰り返すとポカポカしてきますよ。脂肪が硬かった太ももも、柔らかくなってきました。体調も良くなって、身体が軽くなったと実感しています。

体重の変化はほとんどないですが指先、つま先や、太もも、腕もいつもとても冷たかったのですが、随分と改善できました。かかりつけの医院で話をしたら、続ければもっと改善され体調もよくなるとの事なので続けていきたいと思います。

この方法は冷え性だけでなく、むくみやダイエットなどにも効果がありそうですよね。

ストレスからの便秘になってさらに太る!

便秘は老若男女、多くの人が悩んでいる症状です。お腹が張ったり、臭いガスが出たり、お腹が痛くなったり、出すのに苦しんだり・・嫌な思いをしている人も多いでしょう。

しかも排便は人体で最大のデトックス作用があるものですから、便秘が続くだけでどんどん太りやすい体質になっていくんですよね。最悪ですね。さらには、中には何事もなく病気だと考えない人もいるかもしれませんが、放っておくと大変なことになることもあります。

腸に便がずっと留まることで体に良くない物質ができてガンなどの病気の元になったり、お肌の状態が悪くなるなど健康にも美容にも良いとは言えない状態なのです。

そんな便秘ですが、食物繊維を摂ると改善出来る場合もあります。特に普段から食事の量がかなり少なかったり、消化が良く便にならないような食品を多く摂っている場合の便秘には便量を増やす意味があります。また、食物繊維が腸を刺激して便秘を改善できることがあります。

しかし、食物繊維を多く摂っても改善しないどころか悪化する例もあるのです。食物繊維の中には不溶性と呼ばれるものと水溶性と呼ばれるものがあります。

この不溶性食物繊維はいかにも繊維質という野菜に含まれるものなのですが、これだけをたくさん摂ってしまうと便は固くなり、むしろ便秘がひどくなる可能性があります。水溶性の食物繊維もバランスよくとって良い便にすることも便秘改善には大切です。

また、慢性の便秘で原因がストレスなどで腸の動きが鈍っている場合にも食物繊維を摂ればいいというわけではありません。出す作用が鈍っているのに、便の量だけは増えていくのですから便秘は悪化して苦しむことになるかもしれません。

便秘に食物繊維が良いというのは嘘というわけではありませんが、自分の便秘のタイプを知ることと食物繊維の種類をバランスよく摂ることを考えなければ便秘が改善できないということもあるのです。薬などが飲めない妊娠中などは特に食事のバランスをよく考えて便秘にならない努力をすることが大切です。